ホットヨガ中に頭痛やめまいがしてしまったときは?

ホットヨガ中にしては、いけない事。

これからホットヨガ中にしてわいけない2つの体調悪くならない方法や改善方を順番に説明していきます。今時は、ヨガよりもホットヨガの方が人気です。今では、1つのホットヨガ教室に生徒が30人以上くることも少なくありません。

ヨガ教室に通っている人ならば知っているかもしれませんが一緒にレッスンする人数が多いほど体温などで室内の気温も上がるのです。例えば、だいたい体的にきつくなってくるのがヨガを始めてから40分後ぐらいです。ですが人が多いと体の限界が20分ぐらいに減ってしまいますので、ヨガに慣れている人でも時々体調を崩す時があります。

だいたいの体調変化としては、めまい、吐き気、頭痛の三種類です。何も知らずにヨガに通い体調が悪くなってしまい呼吸を乱してしまうかもしれませんが、そこが体調不良悪化になってしまう1つの理由なのです。

暑くなってくると無意識に大きく息を吸ってしまう人が大半です、そうしてしまうと息を大きく吸って小さく吐いてしまったり、その逆で、息を小さく吸い、大きく吐いてしまったりすると頭痛になってしまう可能性があるので理想としては、少しきつくなってきた頃に、息の吐きと吸いを交互にし、休憩になると涼しい所に向かうのがベストです。

ホットヨガ中にしては、いけない事2

ホットヨガ中に体調を崩しやすくなる行動の2つ目が、ホットヨガを行う直前に食事をしてしまう事です、ホットヨガのポーズは、お腹に聞くものが多いです。なのにヨガを行う直前に食事などをしてしまうと、少し考えれば分かりそうな事ですがヨガ中にお腹を伸ばしたりしてしまったりするとお腹の中の食材が動いて気持ち悪くなり体調が崩れてしまう恐れがありますので、おつまみなどのおやつ程度ならいいですが、食事と言える様な量を食べてしまうと体調を崩してしまいます。

それ以外にも朝からヨガ教室に通うとほぼ確実に体調が悪くなります。それでも朝ヨガをしたいとゆう人は、塩分を取ったほうがいいのでポカリスエットとか、アクエリヤスなどを飲んでからヨガを行うと少しは、体調を崩すリスクが減ります。それに堺東の調査によると気温35度以上での運動は、厳重注意するよう、また、特別の場合以外は、運動を中止する。

特に若ければ若いほど中止すべきとゆう注意事項まであり、熱中症になる可能性だってあります。それに体調以外で純水に体を痛める場合もあります。のでまとめるとあまり頑張りすぎず始める時には、塩分などを取り、それでも体調が悪くなると、呼吸を乱さず休憩になったら即座に涼しい場所に移動するとゆうかなとです。

参考サイトはこちら⇒ ホットヨガ堺東